治療案内

千葉県木更津市の歯科医院、こうの・デンタルクリニックでは、患者様に安心、信頼していただける歯科医院を目標に日々診療を行っております。

患者様には、医院長、副医院長をはじめスタッフ一同可能な限り現在の口腔内の状況をレントゲンや口腔内写真などを用い説明させていただき、理解していただいてから私たちに出来る治療を選択していただくようにしております。

虫歯、歯周病の治療などすべての疾患において治療方法は1つではありません。各患者様にあった治療はすべて違うためインフォームドコンセントを第一に考え治療を進めさせていただきます。

わからないこと、疑問に思うこと、不安に感じることなどありましたら遠慮することなくご質問ください。

また、当院では、通院困難な患者様のために在宅診療、訪問診療をおこなっております。

一般歯科

永久歯に対する治療の総称を歯科用語で「一般歯科」といいます。虫歯の治療、入れ歯の治療などがこれにあたります。

近年、カリオロジーという学問が注目されております。カリオロジーとは、虫歯の実態をきちんと把握してコントロールする学問です。

当医院では、患者様一人、一人の口腔状態、全身状態、生活環境、生活習慣に合わせて治療方法を選択し提案させていただいております。

歯科口腔外科

口腔外科では親知らず、埋伏歯の抜歯、口腔腫瘍の摘出、顎関節症の診察、治療を行います。

●親知らず・埋伏歯

親知らずは必ず抜歯する必要はありません。しかし磨きにくい場所や生え方をしている場合、妊娠予定の女性、歯並びに影響がある場合は抜歯することをおすすめします。

●顎関節症

顎に痛みがある、口があけづらい、口をあけると音がするなどこのような症状がある場合は顎関節症の可能性があります。
顎関節症が悪化すると口をあけることが困難になり食事をとることや会話をすることが障害される危険性があります。

小児歯科

歯科医院は「痛くて怖い場所」。私が子供のときは歯医者さんが大嫌いでした。今でも自分自身が治療を受ける時は、とても憂鬱です。

この感覚は、幼児期の歯科医院でのトラウマがあるからだと思います。

そんな思いを自分の子供はもちろん子供たちにさせたくないため無痛治療、疼痛軽減治療をすることにより、歯科医院は「痛くも怖くもないところ」であることを幼児期に感じさせてあげられるように心掛けています。

矯正歯科

口と歯はものを噛み砕く、正しい発音を助ける、顔の形を整えるなど、重要な役割や機能を果たしております。

歯並びが悪いと美容上の障害だけでなく、機能や役割が著しく損なわれたり、あごの関節の病気の原因ともなります。

矯正治療は、健康で美しい口元にするとともに、口腔機能を正常に戻し、歯やあご、顔の形が健康でいられる環境をつくることを目的としています。

当院では、日本矯正歯科学会認定医による矯正治療を行っております。また、月2回無料相談を行っておりますのでご利用ください。

審美歯科

審美歯科は歯のエステ・・・。

ファッションや髪型、お肌のお手入れだけでなく、白い歯・美しい口元は笑顔をひきたて笑うことの原動力になります。

従来の保険治療では不可能であった、白い歯を美しく自然でそして耐久性に優れた材料を使うことによりきれいな歯・笑顔を手に入れることが可能になりました。

また、近年では、生体親和性に優れた材料などが続々開発されております。

ホワイトニング

歯の色にコンプレックスがあり、尚且つ歯を削りたくない方に最適の治療法です。

ほとんど痛みをともなわず白い歯・美しい口元を手に入れることができます。

ホワイトニングの治療法は大きく分けて2種類あります。

  1. オフィス・ホワイトニング・・・強い薬剤を使用しレーザーをあて歯を漂白します。
  2. ホーム・ホワイトニング・・・最初に専用トレーを作成します。その後ご自宅にてトレーの中に薬剤を注入していただき、そのトレーを約1〜2時間口腔内に装着して歯を漂白します。

※1、2共に歯がしみる知覚過敏のような症状が出現することがあります。

インプラント

近年第2の歯として注目されているのがインプラントです。

インプラントの最大のメリットは咬む力が義歯よりも強く、咬んでいる感覚を歯槽骨に直接伝えるため食感や味が入れ歯と違い自分の歯に近いということです。また、健康な歯を削ったりせずに治療をすることが出来ます。

しかし、インプラントにも欠点はあります。

●インプラントの欠点

  1. 保険の適応がないため義歯やブリッジに比べると経済的負担が大きい。
  2. 下顎骨に埋入する場合、神経麻痺が出現することがある。
  3. 上顎骨に埋入する場合、上顎洞に穿孔する場合がある。
  4. インプラント周囲炎によりインプラントが脱落する場合がある。

※2、3を回避するため下歯槽神経移動術、上顎洞挙上術などの術式を用いる場合があります。

このようにインプラントには、利点、欠点があるため患者様との話し合いの後、インプラント用診断検査を行っております。

予防歯科

歯が痛くなれば歯医者に行く・・・かつての歯科医院はそういう場所でした。しかし今は定期的に来ていただき、予防をする場にもなりました。

気が付かないうちに進行する歯周病(歯槽膿漏)や初期虫歯発見のためにも定期検診の意味も含め予防歯科をおすすめします。

●フッ化物(フッ素)

フッ素は、歯を硬く強くし、虫歯になりにくくします。
フッ素を歯の表面に塗ります。
フッ素は定期的(年3〜4回)に塗布することが有効です。

●シーラント

生えたての歯は、虫歯菌に抵抗力がなくまだ非常に弱いものです。
また、生えたての歯の溝には、ハブラシでは届かない細かい割れ目があり、そこから虫歯になることが多いです。
シーラントにより溝を封鎖することによって虫歯から歯を守ります。

●PMTC

歯科医師、歯科衛生士のプロによる歯磨きです。
毎日のハブラシ、歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)でのお手入れが予防の基本ですが、一度付着した歯石はハブラシでは除去することが出来ません。
この歯石を除去したり、ステイン除去、機械的歯肉マッサージを行います。

歯周病

歯が無くなる90%以上の原因は、虫歯の進行により抜歯を余儀なくされる場合、歯周病(歯槽膿漏)により抜けてしまう場合の2つです。

特に、歯周病は初期段階では、自覚症状が無い場合が多く、進行してしまうケースがほとんどです。

この歯周病を防げれば高齢になっても自分の歯で美味しく食事を取ることが出来ます。

在宅診療、訪問診療

様々な事情で通院することが難しい患者様には、可能な限り在宅診療、訪問診療をさせていただいております。

お気軽にお問合せください。